人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2013年04月18日

素敵なこと言ってむしろ株を下げた気がする経済同友会のオッサンイズム

こんばんは。ざっとWebをチェックしていたら、経済同友会の会見についてテレビ朝日の動画ニュースが報じていました。話し手は同友会の長谷川代表、武田薬品工業の代表取締役社長です。

経済同友会「地下鉄より保育の24時間化を」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000003814.html

ざっくり言うと、産業競争力会議の中で都営地下鉄の24時間運行が検討されていると報じられた件について、優先すべきは24時間保育じゃないか、みたいなことを意見した。そんな内容です。

確かに地下鉄の24時間化も、長時間保育についても、働き方が多様化しているんだから違う形があってもいいよなぁと思います。併行してできるならどんどん検討して欲しいなぁ、とかぼんやり思ったのですが、記事の締めくくりの部分がなんだか少しひっかかりました。

24時間保育を優先すべし、という中で最後に「深夜勤務する女性に対し、環境整備の必要性を強調した」と記載されていたからです。ダブルインカム、つまり共稼ぎで生活し子供を育てるとしたら、深夜勤務の女性にだけ的を絞ったことに違和感があったのです。

 

【ツヅキをヨム】

 

posted by ブービン at 02:18| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

君と歩く世界 De rouille et d'os 錆と骨

kimi.gif

男女が肉体で会話する。セックスで会話することって、そんなに珍しいことではない。互いのほつれた気持ちが一度のセックスでなんとなく持ち直すこと、それも珍しくない。

感覚的に女はそれを言葉や物語で追体験したくて、男は感覚的にそこから逃げて、即物的な肉体の快楽に身を置きたがる。映画はとても痛くてとても人間的で、でもそれをキャッチーなメロディが食べやすくしてくれている。気やすい「感動作」という言葉では味わえない、しっかりと重みのある、手応えのあるものだった。たたみ終えた日だまりのニオイがするバスタオル、その上に、腕時計とかケータイをほうり投げたような、そんな映画。

と、感動があたたかいうちに、言葉が定まらないうちに感想をしたためてみたのでした。オススメです。

君と歩く世界
http://www.kimito-aruku-sekai.com/
posted by ブービン at 01:14| 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

有名なブロガーさんは推敲するようだ

b.gif
posted by ブービン at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WordPressがうまくいかなくて逃避

wp1.gif

wp2.gif

wp3.gif

posted by ブービン at 15:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

手描きツール

自宅用に少し大きめのお絵かきツールを検討しており、いろいろ試しているところです。iPadでペンを使えばアプリも豊富で楽ちん&安上がりかな、とか、でも手をついた部分が勝手にタッチしちゃって描きにくい感じもあるんだよな、とか、。より本格的なワコムのペンタブレットか、でも10万円コースなんだよな、とか悩ましいところです。そういう面では、今メインで使っているGALAXY Note IIってようできてるんですよね同僚には。同僚には手袋して描けと言われましたw うーむ。

マイノート, page 1.png

マイノート, page 2.png

マイノート, page 4.png

posted by ブービン at 14:00| 落書諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

ギズとギガ、二人の王様

メディアがこんなことやっちゃいけないと思います。許しちゃいけないし、見過ごしちゃいけないと思うんです。僕は少し中の人を知っています。でも、今回は書かせてもらいます。もしかしたら考え方が間違っているのかもしれません。どう思いますか?


萌え擬人化なるブームがあります。人間以外のものをいわゆる萌えアニメ調のキャラクターに擬人化するというものです。この方面に詳しくありませんが、「萌え」ブームが市民権を得て、数年前からいろいろなものの萌え擬人化を目にするようになった気がします。

4月1日、「オールドレンズ擬人化少女」なるサイトがオープンしました。カメラの古いレンズを萌え擬人化するというものです。それを、営利目的の大手ブログメディアが伝えました。後を追うように、Webニュースメディアの「ねとらぼ」も記事にしました。ブログメディアのリンクはPVに貢献したくないのでしません。

▼オールドレンズ擬人化少女
http://oldlensgirl.jp/index.html
▼カメラ好きにはたまらない「オールドレンズ擬人化少女」 ピントくる娘はいるかな?
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1304/03/news089.html
▼エイプリルフールネタじゃなかった。オールドレンズを少女に擬人化して紹介するサイト
h ttp://www.gizmodo.jp/sp/2013/04/post_11982.html
▼擬人化したオールドレンズで各種レンズの個性や魅力を分かりやすく解説した「オールドレンズ擬人化少女」
h ttp://gigazine.net/news/20130402-oldlensgirl/

ねとらぼは、「オールドレンズ擬人化少女」の内容の一部を掲載するべく、画像掲載の許可を得て記事化したようです。また、読者がその先のWebサイトに興味を持つよう、内容の一部を紹介する形に留めているのがわかります。

一方、2つの大手ブログメディアは、画像の許可はとっていません。「オールドレンズ擬人化少女」を作ったチームの一人は、「完全な無断転載」と言います。それ自体も非常に問題があるとは思いますが、もっとも残念なのはその伝え方です。

ブログメディアの記事は、コンテンツの要となる要素のほぼ全てを記事にしました。転載の許可を得ず、しかも読者がその先にある「オールドレンズ擬人化少女」に行かなくても完結するよう、記事化したのです。他人が作ったコンテンツを我が者にし、作った張本人の顔に泥をぬったのです。

きれいにラッピングされたプレゼントがあったとしましょう。ねとらぼは「生ものだから早く食べて」とか「欲しいって言ってたでしょ」といった紹介で、プレゼントの包装を読者に期待を持たせる形で破らせています。ところが、ブログメディアは送り手でも受けとり手でもないのに、その大切なプレゼントの包装を勝手に破り、プレゼントの中身をつまびらかにしました。

これは、コンテンツを紹介する上での最低限のルールを破ったことになります。紹介する側は批評こそすれど、コンテンツを殺してはいけないのです。推理小説を今から読もうとする人に、「犯人コイツ」と結末を言いますか? それと同じことで、それではコンテンツもそしてそれを紹介するメディアも自滅するだけです。オタク文化から飛び出してきた萌え擬人化は、ブログメディアにとっては世間よりも親和性の高い、同じWebの住人です。大手ブログメディアは味方を背中から斬りつけ、自らの腹も割きました。

こんなこと、大まじめに語るようなことじゃありません。僕はブログメディアにも腹が立つし、それを糾弾しない読者にも腹が立ちます。オタクなノリのコンテンツだったら、これは見過ごされることなのでしょうか?

ブログメディアがWebのニュースメディアよりも、読者や利用者に近いとするなら、読者や利用者がもっと声を大にして「コンテンツを殺すな!」と言うべきではないでしょうか。そうでないと、せっかく作ったコンテンツも、そのコンテンツの作り手も浮かばれません。僕らは、コンテンツを楽しみます。それを作る人がメディアという権力者に苦しめられるのは、あってはならないことだと僕は思います。

……と、ここまで本音を語って、ちょっとテレくさくなったので、今回のことを物語にしてまとめてみることにしますwwww やっぱブログは楽しくないとね!

 

【ツヅキをヨム】

 

2013年04月04日

生きるコント / 大宮 エリー



CMディレクションや映画監督、脚本家など、いろいろご活躍されている大宮エリーさんのエッセイです。もうね、最初のブラジルでビキニのエピソードで心をぐっと鷲づかみにされた気分です。

お笑い体質のエリーさん、オミヤゲにひと笑いって感じで各エピソードにボヤき系漫談のようなネタが閉じ込められています。ポルシェを持っているのに、免許がないなんてかっこよすぎですよねw 母親と娘の中にある男からみると少し不思議な人間関係が見てとれて、それも楽しかったです。リラックスして読めますよ。


posted by ブービン at 09:00| 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

結果を出して定時に帰る時間術 / 小室/淑恵



すごいいいタイトルなので、思わず手に取りました。このタイトルに価格の9割ぐらいの価値を感じました。そういう本もあってもいいような気がします。

 

【ツヅキをヨム】

 

posted by ブービン at 09:00| 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

全文起こしは必要か

最近ちょっぴり全文起こしブームですかね? そんな中ですごく面白かった記事を置いておきます。読んでみてくださいな。

▼堀江貴文氏が仮釈放、記者会見の様子を全文起こしでレポート
http://matome.naver.jp/odai/2136436809806353001
▼ホリエモンの考える「新しいニュース批評の形」を勝手に考えてみる
http://hiromikubota.tumblr.com/post/46832485560/imagination-of-horiemons-new-news-media
▼会見全文書き起こしは、企業が自ら提供したほうがいいのでは?
http://daialog.com/2013/04/kakiokoshi/

 

【ツヅキをヨム】

 

黄色い桜はあるんだろうか → あったw

「キ〜ザクラ〜、どんっ♪」という日本酒のテレビCMがありますよね。最近、フルーティなスパークリングやハイボールといった、日本酒の伝統や格式、様式といったものに縛られないものを目にする機会があって、黄桜酒造のWebサイトなぞ眺めていたんです。で、ふと「黄桜って黄色い桜ってことだよな。でも桜は薄紅色とか桃色とかそんな色のイメージ。黄色なんてあるのか?」と思って調べてみたくなりました。


 

【ツヅキをヨム】

 

ガンダムの常識 一年戦争篇 3



ガンダムが基礎教養になっている人ってどれだけいるんでしょう? 我々の世代は、「ガンダム好き?」って確認する必要なく、ガンダムの話で酒が呑めるのです。今回の本は、そんなこじらせた人向けのものですw

 

【ツヅキをヨム】

 

posted by ブービン at 09:00| 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

マキコミの技術 / コグレマサト いしたにまさき




今回の本は、有名なブロガーさんの共著です。版元はインプレスですがステマじゃないですよw 実はこの本、図書館で借りてますからね。アハハ、担当編集さんスイマセン。知らずに読んじゃいました。


 

【ツヅキをヨム】

 

posted by ブービン at 10:00| 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セチガラ山の3月人気記事5つ

読んでいただいているのはPVでわかるのですが、誰が読んでくれているのだろう? 毎度不思議です。だが、ありがとう。

【1位】eneloopとバナナの風邪ひきドラマ
http://sechiyama.seesaa.net/article/342072140.html
【2位】バルセロナ【その1】スペインに飛べと言われ……
http://sechiyama.seesaa.net/article/343614965.html
【3位】マイアヒおじさん
http://sechiyama.seesaa.net/article/336818100.html
【4位】バルセロナ【その3】ヤバい、お金がない
http://sechiyama.seesaa.net/article/343825171.html
【5位】バルセロナ【その4】お金をすぐしまって!
http://sechiyama.seesaa.net/article/343851708.html
posted by ブービン at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。