人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2010年01月17日

越後妻有アートトリエンナーレ #21

すっかり更新をストップさせておいて今更感たっぷりでありますが、昨年の「大地の芸術祭」の写真が出てきたので、(お目汚しゴメン)掲載する。今頃かの地は雪の厚化粧でありましょうな。

tmr33.jpg

そもそも大地の芸術祭に行ってみようと思ったのは、写真の福武ハウス 2009を見たかったからだ。福武ハウスは、妻有にアートマーケットを作ろうというプロジェクトで、さまざまなギャラリーが参加し、多くのアーティストの作品が楽しめる。芸術祭の総合プロデューサーでもある福武總一郎が仕掛けているので、それもそのはず。

 福武氏は福武書店(現ベネッセ)の会長さんで、“持つ者”として芸術家を支援しまくっている。瀬戸内海に浮かぶ直島なんてさながら“ベネッセ島”みたいなところで、美術館のみならず、島内のいたるところに芸術作品が点在していてとても面白い。同氏は個人で芸大に多額の寄付を贈ったりもしているようだ。

早速話がそれたw。出展アーティストの中にヘレン・ファン・ミーネという1人の作家がいる。学生の頃、たしかセゾン系のギャラリー(銀座だったような……)で見て以来、頭の中に不思議とずっとへばりついているアーティストだ。少年や少女の写真を撮り続けており、不安定で艶っぽい表情に引き込まれていく。偶然ヘレンの展示室には誰もいなかったので、ずっとじっと作品世界を楽しめた。撮影が禁止されていたので福武ハウスは外観のみ。

tmr34.jpg

続いては、本間純氏の「」という作品。かまぼこ型のガレージの中にところ狭しと並べられた鉛筆は、周辺地域から集められたもの。鉛筆の向こう側には本物の森が見える。

アーティストがその地域の中で“地の利”を活かして制作することは珍しいことではない。だけど、通常そういった試みは開かれた場所(美術館とか公園、町の中とか)でやるものだ。作品は山の中腹あたりにぽつんとある。「この小屋は作品?」なんて戸惑うかもしれない。

tmr35a.jpg

tmr35b.jpg

このエントリーの最後は、李在孝(イ・ジュヒョ)の「0121-1110=109061」という作品。木々に囲まれた空間に、大きな3つの球体が置かれている。近づくとそれは木材の集合体であることがわかる。生きている木が木材になるとすごく印象が違って、周囲の景色と強いコントラストを放つ。
posted by ブービン at 10:19| Comment(1) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

越後妻有アートトリエンナーレ #20

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr32.jpg

tmr33.jpg

tmr34.jpg

tmr35.jpg

tmr36.jpg

『TIRAMI SU 3持ち上げて―行ったり来たり/マーリア・ヴィルッカラ』農具が置かれた納屋? そんな場所に作品が置かれている。かつて住んでいた姉妹の話から着想を得た作品だという。たえずゆれているブランコや金色のイスが記憶に残る。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

越後妻有アートトリエンナーレ #19

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr39.jpg

『かささぎたちの家/金九漢(キム・クーハン)』“カササギ”という鳥がいるが、その家なんだろうか。韓国人作家が当地の人たちと共同作業で半年かけて作った陶(焼き物)の家で、ミニチュアのようなかわいらしさがある。調べてみると、カササギは韓国の国鳥に指定されているようだ。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

越後妻有アートトリエンナーレ #18

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr23.jpg

tmr24.jpg

tmr25.jpg

tmr26.jpg

tmr27.jpg

『静寂あるいは喧騒の中で/クロード・レヴェック』1軒の古民家を使った音と光のインスタレーション。各部屋は赤、青、白などのイメージで構成されていて、部屋毎に異なる感覚を呼び起こす。証明に照らされたオブジェが何かを感じさせるというより、その部屋に漂う空気が作品化されている印象。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

越後妻有アートトリエンナーレ #17

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr38.jpg

『ストーン・フォレスト/ケース・オーエンス』高いクイの先に岩が取り付けられた作品。大きなエノキダケというか、自分がエノキダケより小さくなったというべきか、なんとなくおかしさを感じる一方で、呪術的な感じも受けた。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

越後妻有アートトリエンナーレ #16

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr28.jpg

tmr29.jpg

tmr30.jpg

tmr31.jpg

『BankART妻有/みかんぐみ+BankART1929+その他50作家』アートセンター「BankART1929」が建築ユニット「みかんぐみ」に空き家の再生を依頼し、スタッフが暮らしながら、作品を展示するという不思議なプロジェクトを行っていた。麦茶をもらいながらスタッフの方と会話を楽しめた。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

越後妻有アートトリエンナーレ #15

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr37.jpg

『訪問者/スタシス&コウォジェイスキ、ヴィタシェフスキ』背後に棚田をのぞむ道路端に突然あらわれる帆船の帆。気持ちいい風が吹いていたせいか、大地を走るファンタジックな帆船を思い浮かべた。
posted by ブービン at 09:00| Comment(2) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

越後妻有アートトリエンナーレ #14

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr21.jpg

『視点/フランシスコ・インファンテ』規則的に並べられた正方形の金属板を通してその後ろに広がる山並を眺める。自然の調和が崩れて、電子的に再構成されたような不思議な感覚になった
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

越後妻有アートトリエンナーレ #13

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr18.jpg

『サウンド・パーク/岩井亜希子×大場陽子』ターザンのように滑車をすべり降りる遊具。ぶら下がるロープの下は木管楽器のような構造で、滑り降りるたびにコッコッコッコッとかわいい音が生まれる。シンプルに楽しっ! そう思える。
posted by ブービン at 21:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越後妻有アートトリエンナーレ #12

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr22.jpg

『マウンテン/リチャード・ディーコン』つながったままのソーセージのようなディーコンの作品。目の前にひろがる巨大な金属の物体の圧力もさることながら、それにものともせずしがみついて遊ぶ子供たちが印象的だった。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

越後妻有アートトリエンナーレ #11

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr15.jpg

tmr16.jpg

tmr17.jpg

『リバース・シティ/パスカル・マルティン・タイユー』『○△□の塔と赤とんぼ/田中信太郎』無数の色鉛筆がぶらさがった立体作品が『リバース・シティ』。鉛筆にはそれぞれ国の名前が書かれていて、とてもカラフル。なのに、作品の真下に立つと鉛筆の先が降り注ぐクイのようで、ドキッとする。なんだろう、この不安な気持ち。
posted by ブービン at 21:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越後妻有アートトリエンナーレ #10

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr08.jpg

『雪国の杉の下で/橋本真之』杉に寄り添うように生きている全く別の生き物のような作品。寄生している生き物だけど、杉と共生しているようにも感じる妙に生々しい手ごたえがあった。
posted by ブービン at 09:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

越後妻有アートトリエンナーレ #09

今年の夏は何度も新潟に行くことになった。7月から9月にかけて開催されていた「越後妻有アートトリエンナーレ2009 大地の芸術祭」に行くためだ。日本有数の米どころであり、冬場は豪雪地帯となるという妻有、その里山を舞台に開催されたアートなイベントをのぞいてみた。

tmr12.jpg

『観測所/牛島達治』金属の管が空と大地に伸びており、中央の台座で両方の音を“観測”する。牛島作品はファーレ立川のパブリックアートスペースにもあったはず。
posted by ブービン at 21:00| Comment(0) | 越後妻有ART TRIENNIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。