人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2013年05月07日

カラダに機械がとろり溶け

570.jpg

先日、酔っ払った勢いでカメラを衝動的に購入し、セチガラ山でもご報告しました。購入から2週間弱、ゴールデンウィークということもあって、気持ちよくあちこちフラフラしてきました。

【ツヅキをヨム】

posted by ブービン at 00:56| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

酔っ払ってミラーレス&単焦点買うた、カメラ衝動買いなうw




突然ですが、EOS Mの白いやつを衝動買いしました。 22 STMレンズキット付きです。

初のミラーレスにして、デジカメ初の単焦点ですが、欲しい欲しいと思っていたヤツが値頃感出てきたので買っちゃいました。完全にお遊び用カメラのつもりですが、さて仕事で使う機会があるかもしれません。

現在、仕事ではG12をメインに据えており、モバイル女子Albumなどの撮影には60Dを利用しています。EOS Mは60Dを作品作りに使うときのサブ機というかスナップ機として活躍してくれるのでは! と思って購入しちゃいました。 スナップカメラって一眼レフで撮れない写真がとれるので。今気づきましたが、いつの間にかキヤノン好きみたいになってますね。とくにメーカーにこだわりはないんですけど。

なお、EOS Mのズームレンズ付きも安くなってきました。当初の半額近い価格です。しかもキヤノンのキャッシュバックキャンペーンを適用させるとさらに下がるらしいので、要チェックだと思います。レンズ沼にはまることはないですけど届くのが楽しみです。ただ、一つ言えるのはカメラは酔っ払って買うもんじゃないと思います。

ヤシカのレンジファインダー
ミノルタのα7000
コニカのビッグミニ×2台
ニコン FM10
リコーのGR1
オリンパス OM-3
コンタックスRX×2台
ホースマンLX
ハッセルブラッド503CW
カシオ QV 30
キヤノン PowerShot 350
ニコン COOLPIX 995
ニコン COOLPIX 5000
ペンタックス *ist D
Finepix F100fd
Finepix F70EXR
キヤノン G12
キヤノン 60D

覚えている限りでこんな感じのお友達とこれまで付き合ってきました。新たに「EOZ M」が友達になります。「カシャッ」しか言わない友達ですがw、GWはこいつと一緒にどこか行けたらいいなと。


posted by ブービン at 09:00| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

新しい写真

w.jpg

 その場にとどまる、そういう写真を撮りに行った。都会の雨は街を洗うが、ここでは雨が染みていく。いつの間にか霧になって、僕の体も染みていくような場所だった。

 ラジオでは船の話題、向こう側の世界とは感情のチューニングがなかなか合わない。でもふいに、「“乗りかかったフネ”ってなんだかエロいな。積極的なフネか」なんて思いついたのだから、ジャミングの主は自分かもしれない。

以下のサイトの上から6枚の写真が新しいもの。
http://www.izukunzo.org/place/

posted by ブービン at 09:59| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

コダック破綻と青春の終わり

kdk.jpg

 噂がついに現実のものとなった。米イーストマン・コダックが民事再生法を申請し、経営破綻した。詳しくは以下の記事でご確認いただくとして、日本においては代理店の加賀ハイテックが取り扱いを続けるようだ。とりあえず一安心、なのかな?

Kodak、連邦破産法第11章適用を申請【AV Watch】
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120119_505913.html
加賀ハイテック、コダック製品の国内供給を継続【デジカメ Watch】
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120120_506319.html

 15歳で35mmのフイルムカメラを使うようになって、途中投げ売り気味のAGFAに浮気していた時期もあったけど、基本的にはフイルムはコダックだった。最初は、単に緑色のパッケージより、黄色のパッケージの方が自分の写真に合っていると思ったから。根拠なんてないけど、黄色い方が気持ちが乗る気がして、そのうちそれが自分の中で普通になった。

 高校を卒業してわりと本格的に写真を撮るようになってからは、フィルムをデジタル処理したり、当時のカラーコピー機の野暮ったい色を好んで使うようになったので、ネガフィルムであればなんでも良かったのかもしれないが、それでもコダックだった。

 そういえば久しぶりに思い出したけど、8mmフィルムのムービーカメラも黄色の会社でやりたいので、なんとかしてくれないかと中古のカメラ屋にごねたことがある。たしか、国内の現像所が閉鎖され、現像はハワイ経由になると言われ、緑色の会社を使わざるを得ない状況だったんだ。8mmフイルムについては、緑と黄色は明らかな違いがあって、発色については緑色のシングル8よりも、黄色のSuper8が勝っていた。

 で、今やフイルムはスチールもムービーもやってないんだけど、なんだか無性に懐かしくなってごそごそ探したら、使っていないフイルムが出てきた。懐かしついでに、コダックのフイルムで撮影した写真も探してみることにしたんだけど、以前HDDがクラッシュし、フイルムの頃の写真データをほぼすっ飛ばしているのだった。

 そんな中、ネットに放ってあったいくつかの写真はかろうじて生き残っていた。今宵はコダック写真を懐かしんでみる。フイルムの頃の写真って、1枚に対する思い入れが全然違うんだよなぁ。



















posted by ブービン at 23:14| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

冬入りだ。

 不思議なことに、立冬と言われればそこから先の世界は立冬後、つまり冬枯れの世界に向かう気がする。昭和→平成、行く年→来る年、新しい言葉が門のようにそびえ立ち、門をくぐれば新しい世界になる。

 先日、兄弟が結婚した。ずっと付き合っていて、これからも一緒だったのだろうけど、そこに「結婚」という言葉を置けば、不思議と二人が新しい門をくぐったような気がする。二人の後ろからその門をくぐってみると、僕には新しい親戚ができた。なかなか面白いもんだ。おしまい。

posted by ブービン at 09:11| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

よそ見、花見 その伍

ところが、センセーショナルもセクシーも日常からは逸脱していて、まったく疲れるんだ。







posted by ブービン at 02:56| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

よそ見、花見 その肆

たいていのものはセンセーショナルでセクシーだと思う。







posted by ブービン at 00:46| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

よそ見、花見 その参







posted by ブービン at 08:15| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

よそ見、花見 その弐



 そういえば毎年そうだった。桜はこちらの気持ちなんてお構いなしに、新しい季節の訪れを告げる。己の短い華を知っているかのように一心不乱に咲き乱れ、景色の中に増殖する。我が世の春とはまさに桜のことで、権勢をふるう独裁者のように、やがて散る宿命を背負う。

posted by ブービン at 03:36| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

よそ見、花見 その壱



 2011年4月、今年も桜は花を咲かせた。たくさんの人から多くのもの奪っていった3月、そんなだからか、なぜだか今年は咲かない気がして、桜には咲いて欲しくない気がして、けれどそれはお構いなしに咲いたのだ。
posted by ブービン at 21:46| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



 目に飛び込んでくる、そんな色がある。苺の赤色は文字通り飛び込んでくるかのように赤い。あの小さな1粒にこちらが気圧されるていくかのようだ。はぐらかすことを許さない力強い赤色、苺。



 ヘタのところから包丁を入れ、裏返してみる。力強さはなりを潜め、艶やかでどこか淫靡な雰囲気を醸し出す。ついフラフラとついて行ってしまいそうになるエッチな体、声、香り、そんな苺。ワオッ!
posted by ブービン at 12:52| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

昔の白い夜

昔々、アナタがこれを読んだたった今から少し昔の昔々、2011年の2月の14日の関東地方の東京都では、たいそう雪が降ったそう。暑い真夏は溶けたカラダが空気と混じり、自分が消えてしまう。寒い冬は冷たい空気がぶつかり、自分の輪郭をくっきりさせてしまう。強い光を浴びて強い影ができるように、知りたくもない現実の自分が際立つ一方で、現実の景色には夢がこぼれ出し嘘もホントも覆い隠してしまう。翌日、夢から覚めた。ここでは夢は続かない。











posted by ブービン at 01:49| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

道草行脚

 気が向いたときに写真を撮っている。たまに写真を撮りに出かけても、気分がのらずにご飯だけ食べて帰ってきてしまう。なので作品は量産されず、体脂肪ばかり増産される。昔も今もそうで、昔は今よりも自由な時間があった分だけ、もっと写真に気持ちが向いていたように思う。アナタはどうして写真を撮るのか?――大学の頃、とある教授は教授室で決まってそう聞いた。どこかに写真を掲載するとき、いつもその言葉を思い出す。なんでだろ? うまく答えられないからかも。

 休みの最後なので(?)今回はたくさん掲載。リンク先の画像は幅800〜1000ピクセルとそれなりに大きいのでご注意を。でも、できるだけ大きい写真をみて欲しい。Zorgに置いてある古い写真ももしよかったらご覧ください。

―― 横浜
      

―― ごはん
      


      

―― 田子の浦
      


      


      


      

―― 元旦
      

posted by ブービン at 00:00| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。