人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2006年08月23日

【ラーメン】凪にまつわるエトセトラ

nagi05.jpg 「美味しい」は、「美しい味」の形容詞。味を表現する上で、「美しい」という言葉を使った昔の人はすごいですな。


 ラーメン屋作りを手伝った「ラーメン&麺酒場『凪』」に行きました。おいしいラーメンとご飯、背伸びしないでいられるお店に、じんわりと「美しい味だぁ」と感じました。


 この日の日替わり麺は、煮干しが効いた醤油味。普段の細麺とは異なり、モチモチした中太麺でした。大ぶりなチャーシューとネギだけのシンプルなラーメンですが、工夫を凝らしたラーメンが多い近頃、かえって新鮮な印象でした。普通のラーメンが普通に美味しいと、なんだか安心してしまいます。魚系のダシを使ったのラーメンは、ともすれば魚のエグみが強くなりすぎる面もありますが、丁度良い頃合いでした。


 今回はご飯モノも注文しました。タマゴかけご飯「紅」は、甘めの醤油ダレに黄昏色と言いますか、濃い山吹色の黄身がまぶしい一品です。濃厚な黄身にからまるホカホカご飯がまずいわけがないのです。はぐはぐと鼻をを鳴らしつつ完食ですよ。


 このほか、メニューにはご飯にホースラディッシュをかけた目の覚めるような一品もあります。暑い夏に脳天を突き抜ける感触を味わってみるのも一興でしょう。「紅」に、刻みショウガやホースラディッシュが少し添えてあっても美味しいかもしれないなと思いました。



【 続き 】


posted by ブービン at 03:20| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

ラーメン屋作りに挑戦、凪は風を起こすか

 いい汗かきました。常日頃、赤っ恥はかき倒しておるけども、「いい汗」は「おお〜、久しぶりじゃん!! 何してたの〜?」って感じでございまして、わりとクタクタでござるよ、ニンニン。本日はラーメン屋を作っていたんだぜ、ベイビー。


 友人の「あー」がラーメン屋さんをやることになったので、ラーメン作りではなく、ラーメン屋作りという俺的珍事にトライしました。元々、ひょんな出会いで7年モノのフレンドになった同氏。徒然なるままに月日は流れて、某有名ラーメン屋の店長になり、雑誌やテレビに露出(テレビで露出じゃないよ)している〜、と思ったら、彼の次のステージはさらに挑戦的なものに。ラーメン屋を起こすというゼロからのチャレンジに、わずかであるが背中を押せたらいいなと。


【 続き 】
posted by ブービン at 23:54| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

俺ゴロウとゆかいなニラ玉たち

 ここのところ、ニラ玉にこっている。ニラとタマゴで構成される例のアレである。


 ニラ玉はお店によって全く違う。どーでもいいんだが、どうにも気になっている。周りに話しても、「そうそう、俺もいつも気になってたのだ!! ウハハッ」とか、「えーッ!! もしかしてキミも!? アタシもニラ玉のせいで夜も眠れないの」なんて返事はもらえず、ヘ〜とフ〜ンしか言われない。


 そんなわけで、悔しいというか腑に落ちないというか、なかばムキになってニラ玉を注文している。「あんましニラ玉を無視すんなよ」これ俺のホンネ。きっと栄養がばっちりあるはずだし、栄養はええよってなもんで、きっとどうでもいいんだけど、本日はそんなニラ玉にスポットをあてていきたい。


【 続き 】
posted by ブービン at 03:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

■ジョナめし

image/sechiyama-2006-05-07T06:36:07-1.jpgジョナサンの朝ご飯。ジョナサンで朝ご飯。豚汁はいい。グッモーニンだ。
posted by ブービン at 06:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

■食人キティと最近の食料事情

060419_2323~0001.jpg



 親ゆずりの無鉄砲で子供の時から孫正義。ムフー、……どうも。


 最近、「ウコンの力」を愛飲しております。常日頃、「みんな、オラにすこーしずつ力を分けてくれ」とお願いしていますが、“みんな”からは力をもらえず、元気玉ができません。しかし、ウコンの力はお酒を飲んだ日の翌朝に元気をくれるのです。だから愛飲、アイ〜ンじゃないですよ。


 ところで、冒頭の孫正義のくだりは次の孫悟空の言葉にかかっていて、孫つながりになっています。気付きましたか? 気付いた人はすごいですね、だって書いた本人でさえ配信する際にようやく気付いてますから。まぁ、そんな感じッス。

【 続き 】
posted by ブービン at 08:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

■不思議なラーメン

 要町商店街に不思議なラーメン屋があった。のれんをくぐった瞬間にそこがラーメン屋であることを忘れさせるような和風な空間。最近のラーメン屋に見られる木の質感を活かしたラーメン屋的“和風”ではなく、その空間は、寿司屋とか小料理屋的な古風な和食の店だった。


 今回はそんなお話。


060207_2105~0001.jpg  060208_0159~0001.jpg



【 続き 】
posted by ブービン at 01:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

■キング降臨ペロリ、皇帝は新宿にいた

king.jpg



 「ソースメン、リャンガーコーテル」


 この言葉を聞いて、アッ!! と思ったアナタは素晴らしい。


 「餃子の王将」をご存知か。餃子のキングである。上のセリフ、実はコレ王将でソース焼きそばと餃子2枚を注文すると聞ける復活の呪文なのだ。ちなみに、餃子が1枚だと「イーガーコーテル」、チャーハンの場合は「ソーハン」となる。なんだよ、王将かよ。と思った方。そりゃ若さ故の過ちってもんだ。もし目の前にいたら「坊やだからさ」と言っちゃうぞコノヤロー。


 諸国に多くの王族あれ(訳:全国津々浦々に王将の店舗があるが、)、王の中の王は1人。最近、シビれるキングを教えていただいた。ゲイタウン、2丁目の博多天神向かいにある王将新宿店は、うまいぞマジ。あちこちで宮廷料理(王将メニュー)をいただいてきたが、ここはひと味違う……気がする。王将では、基本的にソースメン+コーテル(焼餃子)しか食べないので比較しにくいが、炒め物のレベルは高い。


 王の料理にも関わらず庶民の味方の王将は、フトコロに優しい反面、ゲスな味とされる場合も多かろう。新宿店も確かに基本は王将的オーソドキシーの範疇にある、……のだが、なーんか違うんだよね。普通の王将といえば、長年の死闘のせいか、床が微妙に油っぽくなってたりするもんだが、新宿店は店内は清潔感たっぷりだし、店員の対応も気持ちいい。炒め物に関して言えば、野菜がパリッと張りのあるしっかり中華なたたずまいで、ソースともよく合うのだ。深夜までやっているのに、全く客足が途絶えないのも、その実力を示しているんじゃないだろーか。他店に比べると、複数人で座れる席も多めな印象なので、機会があったらぜし行かれたし!!


餃子の王将新宿店
posted by ブービン at 02:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

■向かうとこ男料理!! 骨付肉vsオニオンvsカリーvsうどぅん

050814_1747~0001.jpg 最近全く料理らしい料理を作っていなかった。時間の余裕ってのはとても素晴らしい。おかげでご飯を作る気になったぞ。マンガ「美味しんぼ」にはまっているので、山岡みたいに黒ジャケットで料理に挑む(嘘)。今回は、昨日と今日のご飯をご紹介すっぞ!! おい、すっぞ!!。


【 続き 】
posted by ブービン at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

■サーグマトン in アジャンタ

050812_2147~0001.jpg 昨日は仕事場にちょっと行って、夜は麹町のアジャンタへ。南印料理の人気店舗だけに、お盆だってのに結構混んでいた。インド系の方もちらほらと見かける。彼らの顔立ちがわりと好きなのでちょっとうれしい。というわけで、インド人がびっくりしない晩餐レポートでございます。


【続き 】
posted by ブービン at 16:02| Comment(4) | TrackBack(1) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

■NTTと水沢螢のラーメンがトンコツ

050812_0030~0001.jpg NTT様に金払ってなかったらしく、自宅の固定電話を止められたらしい。ブロードバンド的なインターネットに接続できん。おかげで、自宅でPHSデータ通信カードを使うはめに。んむ〜、遅くてイライラ、仕事が進まーん。いや、まず金払えや、俺。


 関係ないけど、前から「この人良い感じだなぁ」と思っていた人の名前が判明した。水沢螢という人だった。TBS系のクイズ番組「世界・ふしぎ発見!」のミステリーハンターをやっていた人だ。他にも「オー人事、オー人事」のテレビCMや、ファブリーズの宣伝に出ている(出ていた?)らしい。そっちは見たことないので知らん。


 で、水沢螢って人が何よ? どーした? って話しだが、いや別に、単にかわいくてきれいだってだけ。名前がわかったところで「ふ〜ん、意外とアイドルっぽい芸名だな」と思うぐらい。「芸能人で誰が好き?」と聞かれたら、「ん〜、女子部門は、原田知世と西田尚美、そして水沢螢ナリよ」って言うことにするか。でも、言う機会なさそうだ。ムフー。


 あ、写真は昨日夜に食べたラーメン。環七沿いの一番ラーメンです。トンコツラーメンの人気店舗らしいけど、しょっぱくて嫌いかも。味はまとまっているので、塩加減だけなんとかすれば悪くない感じでした。たまたましょっぱかっただけかもしれないけど、もう1回行きたくなるような味ではなかったな〜。
posted by ブービン at 20:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

■うどんベイビー

image/sechiyama-2005-08-11T15:19:02-1.jpg
ぶっかけ冷やしうどん350円。冷たい汁に大根おろし、好みでネギと生姜、天かすを放り込む。うどんは後からふくれるので加減して食べた方がいい。食べ終わってからいつも気付くんだ。おかげで腹が苦しい。


くるしゅうないぞ、近うよれ。そういうの好きだ。よきにはからえ、ベイビー。

posted by ブービン at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

■ぶろんそん

image/sechiyama-2005-08-09T16:46:48-1.jpg
昨日は通りのぶろんそんで晩飯。細ネギ白湯ラーメン750円なり。


ネギが多くてとてもいい。トンコツスープも臭みが少ない。麺は細打ちではなく、中麺もちもち系。悪くないぞ。


posted by ブービン at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

■生ハモンメロンヌ

image/sechiyama-2005-08-07T08:50:48-1.jpg
いや実際ね。早朝、実家に戻ってみたら、朝ごはんに生ハムメロンですよ。もうびっくり。我が親、いつの間にか成金主義になっとっとです。


よくよく聞いてみると、北海道の親戚からもらった生ハムとメロンでした。しかも、生ハムメロンなる外人グルメでなく、ただの生ハムとメロン。ハムをごはんに巻いてやんの。あはは、ちょっと安心。
posted by ブービン at 08:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。