人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2008年05月02日

茨城ドリブン

04a.jpg

休みを利用して、茨城方面にドライブに出かけた。

ボーッと車を走らせるといつの間にか福島県に入っていて、
昔、遊びに来ていたオジサンが福島の人で、
福島のことを「ふくすぃま」と発音していたことを思い出した。

「ふくすぃま」と言っていたオジサンは、
“チーフ”というあだ名のアル中で、
本当はアル中ではなかったのかもしれないけど、
子供の目からはアル中に見えていた。

そんな感じの人だった。

小柄で細身のチーフはとても愛嬌のある人で、
子供の目から見ても子供のように無邪気に笑える人だった。
子供心に、優しくてぶきっちょな大人の人なんだな、
となんとなく感じていた。

そんなだったからなのか、
大人としての生活はあまりしっかりしたものではなく、
風の噂で、どうやらお酒がかなり進んでしまったことを知った。

何があったのかは知らない。知ろうとはしなかった。
それなのに、なんだか寂しく思った。
そう思ったことさえも昔のことになってしまった。


福島はなんだか寂しくなるから、
茨城に戻って鹿島港に行った。

車から釣り道具を出して、夜中の漁港で釣り糸を垂らした。
釣れると噂のある場所だったから、内心期待したけど、
期待した結果にはならなかった。

茨城や千葉の外房あたりは寂れていた。
東京で生まれて、埼玉のベッドタウンで育ったせいか、
茨城と千葉、東京の多摩地区には同じような印象を持っていた。
やっぱり行ってみるもんだ、全然違う。


結局、「釣れた」と言って、
漬け物とアサリの佃煮、ラディッシュを
おみやげに実家に帰った。

クーラーボックスからおみやげを取り出すと、
「相変わらず大漁だな」と言われた。


posted by ブービン at 01:48| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。