人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2013年05月07日

カラダに機械がとろり溶け

570.jpg

先日、酔っ払った勢いでカメラを衝動的に購入し、セチガラ山でもご報告しました。購入から2週間弱、ゴールデンウィークということもあって、気持ちよくあちこちフラフラしてきました。


慣れないカメラは自分から遠い存在で、はき慣れない靴のように歩くこと、それ自体の足を引っ張ります。少しガマンすると、カメラはあるときふいにカラダに溶け込み、指先より起用に、皮膚よりも敏感に、時間をはぎとります。新しいカメラは、まだそこまでの感じはありません。ありませんが、最初の頃よりも確実にカラダのとある器官になろうとしてくれています。

僕はカメラにそういった感覚をよく感じますが、人によっては靴だったり、パソコンだったり、テレビのリモコンだったり、いろいろと違いそうですね。カラダと一体感のあるもの、いくつぐらい自分にありますか? そういうものに出会えることって、実はそれ自体がとても幸せなことなんじゃないかな、と最近思います。

さて、最後にEOS Mで撮影した撮りたてホヤホヤなものをいくつか紹介させてください。より大きい写真は『context 15xi』にあります。

571.jpg

575.jpg

572.jpg

573.jpg

574.jpg
posted by ブービン at 00:56| 写真諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。