人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2013年01月22日

素麺専門そうめんや@四ッ谷荒木町でびっくりしてきた

人類は麺類、という父の下で育ったので、無類の麺好きです。毎日でも苦にならないし、おかわりも苦になりません(それは胃袋の問題)。昨日、気になるお店を見つけたのでふらっと行って来ました。四ッ谷荒木町、アローカメラのところにある「そうめんや」というお店です。最寄は四ッ谷三丁目と曙橋かな。

屋号がそのまんまなのでおわかりでしょうが、「そうめんや」は素麺の専門店です。そうめん、と書いた方がらしさが出るかもしれませんな。昼間はそうめん、夜はお酒を呑んだ最後にそうめんをチュルっとやれる、そんなお店です。

21時ぐらいにお店に入るとお客さんはおらず、正直ちょっと不安になりました。でも、新宿から移転したばかりだそうで、特に宣伝もしていないとか。客入りは気にしないタイプ(だって味と比例しないから)なので早速注文です。

夜は居酒屋モードのお店なので、とりあえずお店オリジナルのハイボールを注文。酒が届く間にツマミを悩んで、今回は梅きゅうりと、アジの南蛮漬けを頼みました。



梅きゅうりは、キュウリのたたきに梅肉を和えて、お茶漬けなんかに入っているカリカリしたものがまぶしてありました。普通の梅きゅうりも好きですが、このカリカリが香ばしくてよいアクセントになっています。

アジの南蛮漬けは、豆アジが玉ねぎやら人参やらと一緒になっていました。優しい味です。孤独のグルメじゃないですが、こういうのでいいんですよ、ってやつです。まあ、そんなアテでハイボール→レモンサワー→黒霧島お湯割りとグラスを空にしていきました。



気さくな男性お二人で切り盛りされているようで、初めての店ですが、いろいろお話をうかがえました。そうめん業界の現状とか、そうめんの四大メジャーの話、素麺と手延べ素麺の違い、後継者問題などなど。ここでそれを伝えるのは野暮なので、気になればお店で聞いてみてください。

とにかく一度、そうめんを食べて欲しい!とのこと。このため、そうめんの価格は500円前後と大変リーズナブルです。そういえば、そうめんがおいてある店って、値のはるところが多いですよね。家だとすごく手軽なのに。

なお、そうめんやでは温麺と冷麺、どちらのそうめんも楽しめますし、一般的なつけ汁タイプのほかにも、ぶっかけタイプや、ゴマだれもありましたよ。同様に温かい麺も、醤油味以外に塩味なんてのもあるようです。

今回は、最初は是非これを!とおすすめされた冷しぶっかけにしました。麺は小豆島のものです。待つこと数分、この時間が楽しいですよね。

で、登場したのが下の写真。見るからに美味しそうでしょう? で、これが写真を裏切ることなく旨かったんです。



家で食べるそうめんとは全然違いました。糸のように細いのに強いコシがあって、そのくせ、チュルっとやって喉を通るときのさわやかさは完全にそうめんなんです。

おすすめの食べ方は、まずミョウガとそうめんで一度チュルっと。続いて、箸の先でさっと温泉卵を切って、中から現れるトロリとした黄身にからめてチュルチュルっと、だそうです。

僕は思わず「あ、こりゃ旨いわ」とつぶやいちゃったんですが、お店の方が「よっしゃっ!」とガッツポーズされたので笑っちゃいました。

でも、確かにそんな感じなんです。美味しいお肉などを食べたときの悶絶するほど旨い!みたいなそういう感覚ではなくて、もっと繊細でしみじみと旨いんです。寒い中で味噌汁すすった一口目とか、鯛のこぶ締めにほんの少し醤油をたらして口に運んだ時とか、そんな、じんわりとしたジャパンな感覚が魅力だと思いました。

そうめんって家で食べるものって気がしてましたが、お店で食べるとひと味もふた味も違いましたよ。気軽な麺類って感じで楽しめそうです。今回のお代は、しめて3000円ちょいでした。

そうめんや (somenya) on Twitter
https://twitter.com/somenya




posted by ブービン at 14:12| 東京エンゲルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。