人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2012年12月28日

地下鉄の「にほひ」

最寄駅は、地上電車と地下鉄が乗り入れてるので、目的地や遅延などの状況にあわせて使い分けています。

その日は寒かったので、少しでも暖かそうな地下鉄で編集部に向かいました。地下鉄で編集部に行くためには、途中で別の地下鉄路線に乗り換える必要があるんですが、久しぶりにノンビリ気分で乗り換えしたせいか、「そういや、地下鉄ってそれぞれ独特のニオイがあるよな〜」なんてことを思い出しました。

“地下鉄あるある”的な話なので、同じような疑問を持つ人たちがたくさんいるようです。なんとなくググッってみると、疑問に多くの回答が寄せられている様子。

正しいかはどうかは別として、もっともらしいものがいくつか挙げられています。まず、大前提としてトンネルはニオイがこもりやすいということがあるようです。ほかにもいくつか挙げていくと、

・ブレーキ時の鉄のこげるニオイ
・ブレーキ字の抵抗器の熱のニオイ
・摩擦によるニオイ
・パンダグラフのこすれるニオイ
・レールの油のニオイ
・地下に流れる汚水のニオイ
・エアコンのカビのニオイ
・湿気のニオイ
・人の汗のニオイ

なんてのが見つかりました。路線毎に違うニオイについてはイマイチそれっぽい回答が得られていないのですが、個人的には東京メトロの東西線は臭い、とくに夜はびっくりするぐらい臭い、と思っています。スメルズ・ライク・ア・ティーン・スピリット@東西線といった、ほとばしる生き物のニオイなのかもしれませんが、いやぁ、げにまことにオイニーツイキーでクリビツしてしまいます。お試しあれ(試さなくていいw)



posted by ブービン at 21:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。