人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2010年08月13日

ニャートルズがやってきた! ニャァ! ニャァ! ニャァ!

8月11日夜、僕らの町(家)に猫がやってきた。2009年12月生まれのもーすぐ8カ月のミスターは、フランス発のシャルトリューという猫種(←これなんて読むんだろ?)で、大阪生まれの男の子である。

b1.jpg
※洗面器&タオルケットの上で防御の姿勢「なんやねん、まぶしいがな。オトコマエに撮ってや」と

そいつがお盆にやってきた。つまるところ、ボンジュールの国のぼん(=関西弁の坊ちゃんの意)がお盆にウェルカムってわけで、名を「ぼん」と命名した。引き取りに行くまでの間にいくつか名前を考えていたのだけど、結局最初に思いついた「ぼん」にした。

世界でもっとも愛する女、愛犬ビンゴ(こいつは実家にいる)の命名時も、スパイシーやジュース、ガビといくつかの候補に頭を悩ませた。けど結局、最初の「ビンゴ」に決めたのだ、今回も最初で良いに違いない。

実を言えば、ペットショップにはもっと愛嬌があってかわいい猫たちがたくさんいた。12月生まれのぼんはかわいい盛りを過ぎ、猫たちの中でもかなり大きく成長していて、売れ残っちゃった感じがしまくっていた。

さらに、ぼんの良くないのは、店に行ってもいつも背中を向けてぐーぐー寝ていたところだ。興味津々にこちらを向く猫たちの中でふてくされたように寝てばかり、アピール不足も甚だしい。スタッフの方に顔が見たいとお願いすれば、寝起きで機嫌が悪いのか、目付きが悪く抱かれるのも嫌がったり噛んだりする始末。ナンテヤツ! 最初はそんな風に思っていた。

b2.jpg
※ベッドの上にて「えっ! マジで!? ここワシの寝床とちゃうの?」と

ただ、人間も動物も優等生じゃつまらないと感じるブービンさん。欠点があったりクセがあったり、根性ひん曲がってたりしたヤツの方が人間的で魅力的、想像できない楽しさがあると思っている。猫的にそれが魅力的なのかは今も疑問ではあるがw、俺の相棒はこいつに決めた。「こいつにします」そう言ったときのスタッフのお姉さん、「(猫に対して)お前ほんとに良かったなぁ♪ 長いこといたもんなぁ」と、とっても嬉しそうでありました。

さて、そんなわけでセチガラ山では、ぼんの様子をちょいちょいご紹介していくつもりだぜ! そこんとこ、よろしくっ!

b3.jpg
※玄関付近にて「ブービンさんアンタ、ワシを地べたに寝かすちゅーんかい! 赤猫はわしたってもええんやで」と


posted by ブービン at 18:54| 動物諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。