人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2009年07月26日

いのちの食べかた

ドキュメンタリー映画「いのちの食べかた」を観た。
原題は「OUR DAILY BREAD」なので、
やわらかく言うと「ボクらの毎日のごはん」
かために言うと「我々の日々の糧」ぐらいかな。

映画では、システム化された食糧供給産業の現場を、
淡々とそれこそ字幕もなく描いている。野菜生産現場から、
「と畜」や「と殺」などと呼ばれる、動物を食肉にする現場も
本当に淡々と撮影し、カメラがその場に溶け込んでいる。

映像特典として監督のインタビューが収録されていたが、
欧州においても、と殺の現場は取材はしにくいようだ。
ただ、日本と大きく違うのは働く人々にその矛先が向かっていない。
現場のスタッフは毎日の仕事を淡々とこなしている。

この映画で何を感じるかは自由だ。
そういう作品の構成になっている。

僕は、機械の部品のように扱われる動物たちに悲しくなった一方で、
システム化された現場にどこかわくわくするような好奇心を抱いた。
動物を殺すシーンには胸が痛むが、自分自身に対して、
何を今さら、知らないふりはもうたくさんだ、とも思った。

スーパーマーケットできれいにパックされ売っている肉や魚、
その“元の形”に想像力が働かないほど、僕らはバカじゃない。
ただ、見ないように目をそらしているだけだ。
これからも見ないようにしたければ、この映画も見なければいい。

言葉のいらない、とても面白い映画だった。

▼いのちの食べかた
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/


posted by ブービン at 03:37| Comment(4) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hello★
いいな、旅行だったの???

津田君って写真うまいよね。
なんか独特な感じ。
今回の文章とは、まったく関係のない
コメントになってしまいましたが・・・。
Posted by PAPPY at 2009年07月26日 18:54
旅行ってほど計画立ててないよ、突発的逃避かな

いろいろすぐ忘れるので写真にとって置くのさ、
現実的ではなく、記憶に近いイメージで残すようにしてる。
ほめられて伸びるタイプだから、
じゃんじゃんほめてくれいww
Posted by ぶ at 2009年07月27日 13:35
こんにちは。
ブログをたまにみていて、写真やコメントが私には持っていないものを持っていると感じます。
HOMEの絵も描かれたのですか。
Posted by Toki at 2009年08月16日 13:50
おっ!ほめられてる!きっとほめられてる!
ご覧いただきありがとうございます。
HOMEの絵は私じゃないですよ、このブログのテンプレートのようです。
仕事っぽい、きっちりした絵は描けないんです。基本的に落書きであり落描きですもんw
Posted by ぶ at 2009年08月16日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。