人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2009年04月11日

柏崎駅前

柏崎駅前に宿をとった日、
居酒屋で晩飯を食べた。

駅前にそもそも人がいないのでお店は多くないが、
駅前ビル2階にあった「千人」に入った。

客は誰もいなかった。
戸を開いて中をのぞきこみ、「大丈夫?」と聞く。
60代ぐらい、30代ぐらい、20代ぐらいの3人の女性がやっていた。

地魚をテキトーにお造りにしてもらって、
あとはただひたすら柏崎の地酒「銀の翼」を呑みまくっていた。

休日の夜だってのに、客は俺だけ。
ちょっと寂しいよねって切り出すと、
店を切り盛りしていた30代ぐらいの「ママ」が言う。

「柏崎は原発の町だからねー、今停まっちゃってるからさ。なかなか厳しいよね」

そうだった。
中越沖地震にともなう火災で柏崎刈谷は運転を停止していたんだった。
忘れていたなんてことは言えるはずももなく、あやふやに相槌を打った・

「まぁ、それでも。再来週ぐらいから人が戻ってくるみたいですよ。動き出すみたいだから」

「大ママ」はそんなことを言った。どうやら希望は“ある”らしい。




そんな折、4月10日付の産経に以下の記事があがった。

原発再開 新潟県知事が決断先送り
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090410/biz0904102204024-n1.htm

新潟県知事、柏崎市長、刈谷村長の話し合いがもたれたが、
県知事が「県議会に説明する必要がある」として判断を先送りしたという。
記事では、5月とみられていた運転再開時期が不透明になったと書かれている。

運転再開の判断について素人なのでよくわからないが、
「千人」のおばちゃんが話していた希望の光が消えないでほしいと思った。
原発火災の影響はかなり大きいようで、
新潟中越地方の観光地はかなり風評被害を受けているようだ。

柏崎刈谷で作った電気は首都圏にやってくる。
今こうして俺が、そしてこれを読んでいるあなたが使っている電気は
いろいろなところからもたらされている恵みなのだ。
そういうことをすぐに忘れてしまうのは都会に住んでいるからだろーか。

ng17.jpg

ところで、
千人のママは、近所でスナックも経営しているらしい。
居酒屋の後はスナックで盛り上がっちゃえばいいじゃん!
的なことを言い、来てくれるなら店の女の子を迎えに寄こすと言った。
全く、タフな商売を切り盛りしてるだけあって男性的な女性だ。
しかし、女の子より地魚を選んでしまうのは食いしん坊の性。
笑ってごまかした。

写真は、新潟なら柿の種買っとけと言われたので購入したお土産っす。


居酒屋千人
http://r.tabelog.com/niigata/A1502/A150202/15002685/


posted by ブービン at 23:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。