人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2009年01月15日

2008年はほわっとした画を欲しがった

2008年の映画はどーだったあーだった、
あーでもないこーでもない、あっちょんぶりけうんじゃまらみー
みたいなそんな内容の雑誌をちらっと読んだ。

んで、頭にひっかかったまま2009年になった。

すっごく今更なんだけど
2008年に観た映像で一番記憶に残ってんのは何じゃろーと
腕を組み、タバコを吸い、あばれはっちゃく的ヨガポーズをしたところ、
やっぱりなんだかそれって平和だよな、
ネットワークってわりとぎすぎすしてんのに、
そいつはとてもほわっとするし、と思った作品があった。

そいつは映画っつーかなんつーか、
YouTubeで観られるとんでもなく有名な映像だ。
今回あらためて観たんだけど、なんかやっぱいいい感じだ。

Matt Hardingという兄ちゃんが、
ちょっと下手なダンスをする、世界中で。
「Where the Hell is Matt?」ってやつだ。
なーんかいろいろなものから解放されたくなるよーな、
なーんかいろいろなものを大切にしたくなるよーな、
そんな感じだ。

このシリーズは数年前からあるんだけど、
試みはとても実験的なのに、ストレートに気持ちに入ってくる。
アートフィルムとか作っていた頃に
こういう風にストレートに飛び込める作品できたら良かったなと
思ったり思わなかったり、いやいや、やっぱり思ったりした。
2009年はどんな映像を欲しがるのか、いやはや。



posted by ブービン at 08:00| Comment(2) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー、なんかじんわり涙ぐんだけどナーゼー?
こんなにも、ピースでハッピーで、なかよしな感じ。
いとおしい・・・だいじにしたいものだね。
Posted by いわお at 2009年01月15日 10:49
かつてのアーティストたちが
世界はボーダレスでピースフルなんだって
活動してきたけど、
この映像は言葉以上に雄弁に表現していると思うよ。
甘っちょろいけど、
甘っちょろくても言い続けるのは大事かな〜とね。
Posted by ぶ at 2009年01月18日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。