人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2008年12月19日

BeyonceとPerfume

ビヨンセのライブDVDを買いに、お店に行った。
輸入盤だったせいか、思いのほか安かった。

ので、

ついでにPerfumeのライブ版も買ってみた。
もしAmazone.co.jpで買っていたら、
面白い関連づけがなされたわけで、
今更ながらちょっと後悔。

で、さらっと流し観したよ。

比べるのも申し訳ないけども、
ビヨンセ後のPerfumeは辛かった。
プロのエンターテイナーは凄みがある。
そして、それを支える優秀なスタッフがいるのだ。
ビヨンセは年を経てもきっとステキなんだろう。
公演の中で、26歳の誕生日をお祝いされていたんだけど、
26歳にしてこのステージングはすごいことだ。


後日、CDでPerfumeの音楽を聴く機会があった。

曲をプロデュースしている人(中田ヤスタカ)は
Perfumeの味付けをよくわかっているようだ。
ポップでキッチュなところに、
盛りだくさんのおかずを提供している。
歌い手の3人が楽曲としては全然メインじゃなくて、
ただのパーツになっているところも面白いかも。

80年代以降の楽曲を聴いて育った小西康陽(すごい例えだ)
みたいな感じだけど、小西の方がもっとずっと人にフォーカスしていて
生のグルーブ感がある。

中田という人は、
MEGとか鈴木亜美の楽曲もやっていて、
そちらはもっと正当なテクノっぽくて、
職業人としての仕上がり。

Perfumeについては、
お子様ランチに付いてくるチープなおもちゃで
力を抜いて遊んでいる、そんな感じ。


最後にどうしても言いたいので許してください。

かしゆかです!ビヨンセです!ノッチ(デンジャラス)です!
3人あわせて〜、Perfumeです!!

いろいろごめんなさいでした。


posted by ブービン at 01:29| Comment(0) | 音楽/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。