人に優しい宿 イケア 100%ChocolateCafe. フォートラベル マイナビ賃貸

2013年02月19日

【ボイス】セチガラ山のコダマさん 第2回

be.jpg

音声配信をしてみーる! 今回で2回目となりましたが、話言葉でうまく説明できるようになりたいので、練習です。今回はオニギリを音声で紹介しています。さて、うまく説明できているのでしょうか。どうぞガマンしてお付き合いくださいw



【今回の反省】
・どうやらPodcastingはiPod向けの音声配信の模様。
・カツゼツが悪い。
・商品名を間違えた。
・ウンチクがうざい。

タグ:ボイス
posted by ブービン at 11:45| コダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐうーの音 / 女のシゴト道 / 太田垣晴子 【ヨン・デ・ミータ】

イラスト付きのエッセイでお馴染み、太田垣晴子の画文作品を読んでみました。雑誌などで連載されていると、ついつい読んでしまう太田垣さんのエッセイです。

ga1.jpg

『ぐうーの音』は、食べ物系の内容をまとめたもので、『焼酎ぐるぐる』系の太田垣さんです。『女のシゴト道』は女性のさまざまな仕事を紹介するというもので、おそらく雑誌連載モノだと思います。ページの都合があると思いますが、もう少し仕事の内容が詳しい方が楽しかったかもしれません。

ga2.jpg

すごーく変わっているとか、すごーくおかしいとかではなく、心地よい読み流し感が太田垣さんの魅力かなと思っています。感動させようとか、ほのぼのさせようとか、そういう作り手側のてらいがなくて、すごく気楽に楽しめるはずです。ゆっくり風呂につかりながら、寝る前にちょっとだけ、そんな読書がおすすめです。

posted by ブービン at 08:08| 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

【ボイス】セチガラ山のコダマさん 第1回

突発的に音声配信をしてみーる! 話言葉でうまく説明できるようになりたいので、練習です。どうぞガマンしてお付き合いください。それにしても、自分の声をスピーカーで聴くむずむず感がたまりませんww



【今回の反省】
・緊張し、あわてている。
・言葉を探し過ぎている。
・パンイチがうるさい。
・ただ、思ってたより言葉が出てきた。



タグ:ボイス
posted by ブービン at 15:15| コダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陰日向に咲く / 劇団ひとり 【ヨン・デ・ミータ】

今回は、劇団ひとりの『陰日向に咲く』を読んでみました。100万部を超えたヒット作で映画化もされたので知っている方も多いはずです。

劇団ひとりのネタを知っているかどうか、で受け止め方が変わるように思います。知らない人からすれば、まさか芸人が小説を書くなんて、と「美人過ぎるホニャララ」と同じように、驚きを加味した評価になったかもしれません。

hitori.jpg

芸人が小説を書くというと、知る限りビートたけしや島田紳助あたりが昔から書いていたように思います。『陰日向に咲く』の頃は、芸人小説ブームが始まった頃だったはずです。島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』、品川庄司の『ドロップ』、麒麟田村の『ホームレス中学生』、千原ジュニアの「14歳」あたりが、ブームにのった作品かもしれません。

僕にとって、「陰日向に咲く」は小説ではなく、ひとりのネタでした。終始、舞台の上の彼が“すれすれ”の人物の独白を魅せる姿が見えました。劇団ひとりのネタは、ペーソスとユーモア、つまり、にじみ出てしまう悲しさとその滑稽さ、そうしたものを描く古典的な物語の体をなしています。小説を読んで面白かった方は、是非、劇団ひとりのネタDVDもチェックすべきです。アジで“すれすれ”ですからww

そして、昔から劇団ひとりが好きだという人は、あと書きを絶対読むべきです。あと書きを書いた人にしか書けないエピソード満載ですから。劇団ひとりは悲しくて可笑しい人を演じますが、ひとり本人の人となりがわかって楽しめますよ。

実は、劇団ひとりがコンビ(スープレックス)だった頃から、どういうわけかVHSに録画していました。当時、漫才の中で松本人志のモノマネをしていたように思います。また、ピン芸人としてナミハチ(「新しい波8」という番組)に登場した際にも、どういうわけか録画していました。昨年まで7年ほどまともにテレビのない生活をしていたので、その間のことはよくわかりませんが、ネタをチェックし続けたくなるタイプの芸人さんです。


 

 
posted by ブービン at 04:27| 書籍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

星屑のダンプカー

さっき、ファンシーな柄のトラックを見かけました。車体が星柄です。





ポロポロこぼしていた程度ですが、星屑のようにきれいなものではないし、ちゃんとカバーをかけた方がよいかもしれません。目立つ車でしたから。



posted by ブービン at 15:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

ファミレス店員さんの素敵な仕事

昨日の深夜のことなんですが、いつものファミレスで素敵なことがあったんです。



禁煙席はいつもガラガラなんですが、休日のせいか普断よりお客さんは多かったように思います。席に通されるなり、座る前にドリンクバーを注文。すぐにコーヒーを取りに行きます。いつものパターンです。

パソコンを開いて、週明け締切の取材モノの見出しやら小見出しを考えていました。編集部では「なるはや」が常態なのであれこれ悩むヒマはありません。当日掲載でないものは、ファミレスや喫茶店など別の場所でふり返るようにしているんです。



ほどなくして、店員さんがやってきました。たまに見かける社員の方です。なぜそう言われたかわかりませんが、「いつもありがとうございます」と言われました。週に二回行くからでしょうか。



でまぁ、そこそこいい大人なので、そんなこと言われるとドリンクバーだけではしのびないです。かまわんよ、というわけにはいかず、いたたまれなくなってシャーベットをたのむことにしました。お腹が全く減ってなかったので半分でいいと伝えました。

注文してすぐにシャーベットが来たんですが、今度はサービスなのでお代はいらないと言うのです。唐突だったので、それこそ「お、おう」って感じの反応しかできませんでした。



食べ終えてドリンクバーのコーナーに行くと、先程の店員さんが掃除をしていました。もらったのにちゃんと挨拶できていなかったので、なんだかスイマセン、と言いました。すると店員さんが言うのです。

「いつも夜中までお仕事されているようで、こちらも励みになるんです」

店員さん、すごいカッコイイ! なんだか癒されました。素敵な仕事っぷりに感動しました。ありがとうございます!






posted by ブービン at 13:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

都営新宿線のサインが気になる

表題通りなんですが、最近、都営新宿線の非常口サインが気になって仕方ないのです。小さくてこじんまりしていて、ちょっとあか抜けない感じがたまりません。

まずはこんな感じ。小さくて主張せず、愛らしい。主張してないサインはどうよ? ってのはありますがw



こいつも小さいやつ。こじんまりまとまっていますが、さて、この場合どっちに行くべきかな。



階段には動きのあるものもありますよ。やっぱり小さくてかわいらしいのです。



最後はナナメ。タイルの四隅に合わせたくてムズムズしますが、まぁかわいいので許しましょうw



たぶん、一度気になってしまうと、キョロキョロと探さずにはいられないと思いますよ。とにもかくにも、新宿オフィスよりお伝えしました。スタジオさんお返ししまっす!


posted by ブービン at 21:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

いろいろ遊べる、味噌床フィッシュでホイル焼き

前々回のエントリーで味噌床で作る寒ブリを紹介しましたが、今回はその応用編です。下は前回のヤツ。

▼お味噌で漬けた熟成ブリ、簡単旨い味噌床のススメ
http://kichijoji-nakamichi.com/shop/gourmet/tavern/index.html

洗い物が少なくなるし、お子さんと一緒にできるのでホイル包みの方が楽しいかも。ブリに限らずいろいろなホイル焼きにチャレンジしてみて下さい。



早速ですが、アルミホイルの上にいろいろのせましょう。今回はキノコ。エノキの上に味噌漬けブリをのせて、マイタケとエリンギ、ミニトマトをのせて包むだけです。

魚とアルミホイルを密着させるより下に野菜を敷くとくっつきません。シュウマイや小籠包の下にレタス敷くのと同じ理屈です。

包んだものをオーブン、ガスコンロの魚を焼くところ、フィッシュロースターなどに入れて火にかけて下さい。強火じゃない方がいいと思います。

フライパンでもできますよ、フタをしてその上にラーメン丼ひっくり返して重石にすれば、即席のダッチオーブンです。

フライパンでやるなら、ほんの少しお酒を鍋に入れたりすると、全体的に香りがまわります。包んだホイルの中にふってもいいのですが、野菜によってはかなりそちらから水が出るので加減した方がビシャビシャしません。



で、完成したものです。味がブリの方にしっかりついているので、ぽん酢とかかけない方がいいと思います。カボスとかスダチ、荒くひいたコショウはアリかと。



さらに応用。乾燥バジルとチーズ、ほんのすこしのバターを加えれば、ちょっとイタリアンな味に。出来上がったらたっぷり粗びきコショウ使うといい感じになります。チーズと味噌の組み合わせはハマるので、ほかにもいろいろ工夫できますよ。

というわけで、今宵も酒が進むはず。以上、ノンアルコールで息抜きブロギングなPRONTOからお送りしましたw


posted by ブービン at 00:21| 東京エンゲルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

作法の違いを知る、ということ

先日、必要にせまられ説明しながら描いた図です。あるプラットフォームの操作の流れを説明したものです。

最初のものは、アプリケーションへの導線が単純でわかりやすい構造をしています。反面、幹線道路につながる一方通行路のように、どこに行くにも幹線道路に出る必要があり、すぐ隣のスーパーにもー旦大きな道路をまわってから行くことになります。



次のものは、一見してアプリケーション導線が複雑とおわかりいただけるはずです。反面、自由度が高くアプリケーション間で連携しやすくなっています。



なお、今のところ前者のプラットフォームの方が評判がいいようです。僕も前者の完成度が高い思います。

しかし、後者がそもそも、複雑過ぎるというわけでもありません。完成度が高まってきており、今年はより面白くなりそうです。両者は作法が違うんだよ、とロで言うよりも絵で説明した方がてっとり早いな、と感じた次第です。


posted by ブービン at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。